「学校でしなやかに生きるということ」石川晋 著

コメントは受け付けていません。
5月 18, 2016 at 4:01 PM

久し振りに興奮する本を読んだ。

「学校でしなやかに生きるということ」石川晋 著   発行 フェニックス
http://femixwe.cart.fc2.com/ca1/102/
学校でしなやかに生きるということ

私は今まで、教育に関心をもって活動しだして早や16年。幾多の先生にお会いしてきたが、一番気になる教師が石川 晋である。

その石川晋氏と初めて出会ったのは、平成22年3月13日で明日の教室DVD撮影の現場だった。第一印象は最悪だったが、彼の言葉が煌めいていて、編集チェックで何度もみて我慢できずにその発言した言葉をほとんど書き起こしたほどである。(そんなことしたのは後にも先にも一回きり)
http://sogogakushu.gr.jp/asunokyoshitsu/dvd_008.htm

http://sogogakushu.gr.jp/asunokyoshitsu/dvd_008_pr1.htm
IMAGE002
IMAGE003


hp2_022hp2_017hp2_003hp2_006hp2_027hp2_028

その後も何度も彼の講座で話を聞いた。一昨年は札幌まで行き堀裕嗣氏との二人会を二日間も聞いた。しかし正直あまり感じなかった。

そして、この著書である。石川氏から送られてきたのだが、しぶしぶ読むことにした・・・・・、

それが6年前の感動再びである。いやそれ以上かも知れない。

どこかで聞いたことがあるのだが、いい本というのは、筆者がその読者にだけ語りかけていると思える本であると。まさにこの本は私個人に語りかけてくるのだ。

ひとつ一つの言葉が私に突き刺さってくるのだ。教師でもなんでも無い私に問いかけてくる。無防備とも思えるその語り口に翻弄される。

やはり石川 晋は天才なのか。

生き様が生々しすぎるのだが、私には潔く写る。限りなく美しく見える。

もちろんその表現力に支えられているのであろうが、言葉のエネルギーに圧倒されるのだ。

少し長いが引用をいくつか許して欲しい。こんな教師がいるであろうか。

引用

P116

自由な場所を勝手に使いたいのである。学校から飛び出すのだ、学校的でないことしたいのである。

P175

教員の世界になじまない考えや想いを持ちながら、60歳まで一教師として子どもとともに過ごしていくというのはなかなか大変なことなんだ、とぼくは身に染みて感じたわけです。

P181

あんな先生ではない先生になろうという、ある種のルサンチマンみたいなものを背景に持っていたと、いま振り返ると、そう言えます。

P200

ぼくらの教育は見事に過去に無関心な子どもを育てつづけてるんじゃないかと、暗い気持ちになる。

引用 終わり

また、こんな文章も。

引用 P184

総合的な学習の時間はおおむね失敗したと捉えられることが多いようですが、その原因の一つは教師自身が学校の外とつながっていなかったこと、教師が総合的に生きてこなかったことであろうと思います。 引用 終わり

これは私の見解と完全に一致する。2000年にtkf(Teacher’s Knowledge Forum)を立ち上げた事由がこのことだった。総合学習の失敗の原因だけに留まらず教師としての「資質」にも関わることだと思っている。

つまりこういうことである。

引用 P199

仕事と、遊び(やさぼり)を上手に往還する先生に、魅力的な人物が多く、魅力的な教室、授業が多いといえる。引用 終わり

他にも綺羅星のごとく言葉が輝き飛び跳ねている。ぜひみなさんも一読を!

最後にもうひとつ引用を!

P206

(前略)かれらの様子をみながら、日本の教育の未来は明るいと信じられる、と思う。一人ひとりがしなやかに、したたかに、自分の職場での実践を積み上げていける土壌づくりのために、若い先生よりも少しだけ先を灯を掲げて歩める存在でありたいなあと思っている。
引用 終わり

※奥付の写真は白黒にして欲しかったなあ。残念。
読書後の余韻の中でのカラー写真は鮮やか過ぎるのです。

コメントは受け付けていません。
10月 27, 2015 at 11:59 PM

「スクールカーストの正体 キレイゴト抜きのいじめ対応」堀裕嗣著

この本すごいなあ。
どれだけデータを集めて分析したのだろうか。仮説検証の繰り返しなのか。暗黙知ではなかなか伝わらない。
暗黙知を形式知に、そしてその形式知がまたワンランク上の暗黙知になる。そして、またまた形式知に・・・・
SECIモデルのままに。
そのキッカケになるだけでもすごいことです。
http://www.shogakukan.co.jp/books/09825250

Uvf8QkzE--mnhlJ24J4fYa545RsC4BE7VqpnS6O8z3Y (1)

明日の教室DVDシリーズ 第35弾鈴木恵子 への感想

コメントは受け付けていません。
8月 23, 2014 at 11:02 AM

http://sogogakushu.gr.jp/asunokyoshitsu/dvd_035.htm

********************************************

鈴木惠子先生へ

鈴木先生との出会いに,今,心から感謝しています。

「教師になりたくてなった」はずなのに,

私はその純粋な思いをどうして忘れてしまったんだろう・・・と
鈴木先生の本当に嬉しそうに子どもたちとのことをお話しになる姿
を見て自分が恥ずかしく,情けなくなりました。

子どもたちが自分のことが大好きで,周囲にいる人たちは自分の仲間
だと安心して過ごせる学級を作りたい。
鈴木先生のDVDを視ながら,たくさんの思いが溢れました。

「答えは,目の前の子どもの中になる。」

鈴木先生は,凜として涼やかに仰いました。

「学級の中に悲しい思いをしている子が一人もいてはならない。」
「聴くこと,話すことの指導は,人への思いを育てること」
「教師がどれだけ我慢できるか,待てるか,子どもに任せきれるか」
「私はその場で喜びや感動を伝えることを優先したい」
「人は変わることができる。必ず変わることができる」
「担任の心が子どもたちに反映していく」

さまざまな事例をもとに,お話し下さる中で
これらの言葉が,私の心にゆっくりと深く染み込んできました。

鈴木先生のお話は,とてもシンプルです。
そしてとてもつもなく強く,温かでした。
一つ一つの言葉を選んで,噛みしめるようにお話しになる姿
聞くものに寄り添おうとするかのような慈愛に満ちた表情先生のお
話を聴いている間,私は,鈴木学級の子どもでした。

とても幸せな時間でした。

来年の3月に
一人残らず「このクラスで良かった。」と
子どもたちが心からそう思えるように
努めたいと思います。

<中略>

鈴木先生が,教師としての時間を力の限りご自分を出し切って
生きてこられたことを知り,私も先生のように
子どもたちの幸せのために命を使いたいと強く思います。
「本当に大切なことは,当たり前のこと」
私は「当たり前」を淡々と右から左へとやりこなす教師だったよう
に思います。

<中略>

一度もお目にかかったこともないのに,
鈴木先生は,これから私の
最も近くにいつもいて下さる気がしています。
こんな風に思える自分がとても不思議です。
それだけ鈴木先生は,私にとって
会いたくてたまらなかった人なのかもしれません。

これからもたくさんの教師の道標となって下さい。

岡山県小学校教諭 S

鈴木惠子先生へ
鈴木先生との出会いに,今,心から感謝しています。
「教師になりたくてなった」はずなのに,
私はその純粋な思いをどうして忘れてしまったんだろう・・・と
鈴木先生の本当に嬉しそうに子どもたちとのことをお話しになる姿
を見て自分が恥ずかしく,情けなくなりました。
子どもたちが自分のことが大好きで,周囲にいる人たちは自分の仲間
だと安心して過ごせる学級を作りたい。
鈴木先生のDVDを視ながら,たくさんの思いが溢れました。
「答えは,目の前の子どもの中になる。」
鈴木先生は,凜として涼やかに仰いました。
「学級の中に悲しい思いをしている子が一人もいてはならない。」
「聴くこと,話すことの指導は,人への思いを育てること」
「教師がどれだけ我慢できるか,待てるか,子どもに任せきれるか」
「私はその場で喜びや感動を伝えることを優先したい」
「人は変わることができる。必ず変わることができる」
「担任の心が子どもたちに反映していく」
さまざまな事例をもとに,お話し下さる中で
これらの言葉が,私の心にゆっくりと深く染み込んできました。
鈴木先生のお話は,とてもシンプルです。
そしてとてもつもなく強く,温かでした。
一つ一つの言葉を選んで,噛みしめるようにお話しになる姿
聞くものに寄り添おうとするかのような慈愛に満ちた表情先生のお
話を聴いている間,私は,鈴木学級の子どもでした。
とても幸せな時間でした。
来年の3月に
一人残らず「このクラスで良かった。」と
子どもたちが心からそう思えるように
努めたいと思います。
<中略>
鈴木先生が,教師としての時間を力の限りご自分を出し切って
生きてこられたことを知り,私も先生のように
子どもたちの幸せのために命を使いたいと強く思います。
「本当に大切なことは,当たり前のこと」
私は「当たり前」を淡々と右から左へとやりこなす教師だったよう
に思います。
<中略>
一度もお目にかかったこともないのに,
鈴木先生は,これから私の
最も近くにいつもいて下さる気がしています。
こんな風に思える自分がとても不思議です。
それだけ鈴木先生は,私にとって
会いたくてたまらなかった人なのかもしれません。
これからもたくさんの教師の道標となって下さい。
岡山県小学校教諭 S

エゴツルクビオトシブミ

コメントは受け付けていません。
6月 11, 2014 at 11:36 PM
観察会で信じられないものを見ました。この虫は葉っぱに卵を産み落とす時に、その葉っぱを折りたたんで筒状にしてその中に産み付けるそうです。どうでしょうか。すごいですよね。みんな生きるためにすごい工夫しています。
(前回は、葉っぱに虫がつくとその虫をguruguru巻きにして閉じ込めるという植物を見ました。2ヶ月続きですごいです。)

観察会で信じられないものを見ました。この虫は葉っぱに卵を産み落とす時に、その葉っぱを折りたたんで筒状にしてその中に産み付けるそうです。どうでしょうか。すごいですよね。みんな生きるためにすごい工夫しています。

DSC_0269
DSC_0278DSC_0276
こんなサイトがありました。http://uralowl.my.coocan.jp/nature/insects/html/insect_egoturukubi.html

(前回は、葉っぱに虫がつくとその虫をguruguru巻きにして閉じ込めるという植物を見ました。2ヶ月続きですごいです。)

観察会 「瓜生山」

コメントは受け付けていません。
6月 11, 2014 at 11:23 PM

DSC_0281DSC_0269DSC_0306DSC_0318DSC_0339DSC_0051DSC_0064DSC_0106DSC_0182UPDSC_0217DSC_0287DSC_0254DSC_0197

new Nikon デビューでした。いつもいつも自然の摂理に圧倒されます。

佐藤正寿さんのblog「ちょっとした時間ではあるが・・・」

コメントは受け付けていません。
6月 11, 2014 at 11:20 PM

http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/9373/11146/79861722

明日の教室のDVDの使い方?。DVDを聴くというお話です。
何人かの先生にもお聞きしました。見る時間がなかなか無いので、車に乗った時に聴くということです。

TED x KYOTO

コメントは受け付けていません。
6月 5, 2014 at 11:07 PM

昨日行って来ました。プレゼンはよかったのですが、半分は映像でした。ちょっとつまらなかったです。
DSC_0194DSC_0214

DSC_0219DSC_0225

DSC_0277DSC_0281

DSC_0323


Copyright(C)2009 TKF All rights reserved